​省エネ

高温多湿であり、気温変動の激しい過酷な日本

それなのにエネルギーを守ることに長い間立ち遅れていた日本

エネルギーを守る家は、落ち着いた環境の家となり

ひいては人の健康をも保たれる、そんな実績も徐々に出てきています。

せっかくの無料なのに大変貴重な太陽のエネルギー

活かさない手はありません。

個々の敷地と季節季節の太陽高度を考え

特有の種類のサッシ、ガラスを使い、間取りの中に空気の流れを考える

断熱材、設備、施工方法もとことん話し合う

再エネルギーについても考えていきたいです。

会社概要書10001.jpg